RSS


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.10.16(火) | - | TOP↑

年賀状は氷山の一角…“自爆営業”常態化のブラック業種 (日刊ゲンダイ)
 リュックサックに詰めた年賀はがきの束を取り出し、金券ショップのカウンターに置く……。

 日本郵便が職員に突き付ける年賀状の営業ノルマは、1人3000〜1万枚ほど。ノルマをこなせない職員は自腹で買い取り、1枚50円のはがきを金券ショップに40〜44円で流すしかない。これを“自爆営業”という。

 だが、これまで親方日の丸の郵便局員が知らなかっただけで、自爆営業はどの業界、業種でも横行している。

 ブラック企業アナリストの新田龍氏が言う。
「よくあるのは旅行会社の旅行券や飲食店の食事券で、金券ショップにある商品は大抵、“自爆営業”が関係していると考えていい。自腹で買わされた旅行券などを金券ショップに持ち込み、ダメージを少しでも軽くするのです。中小の旅行代理店では、企画したツアーにノルマを設けていて、営業できなかった社員が10万〜20万円ほどの自腹で家族を連れていくと、一般客はゼロに近く、“社員旅行状態”ということもよくあります」

 生保の営業社員の大部分は、新商品が出るたびに自腹で家族が加入する。そうしなければ、とてもノルマはこなせず、毎月の保険料が15万円を超える人もいる。

 アパレルの自社製品購入はよく知られているが、毎月1万〜2万円“天引き”されるのはきつい。

 活字離れの昨今、書店員は雑誌の購入を迫られる。
「読みたくもない週刊誌が部屋に山積みです」(店員)


年賀状は氷山の一角…“自爆営業”常態化のブラック業種
日刊ゲンダイ 11月23日(土)10時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131123-00000015-nkgendai-life

■100万円のクルマを買わされた損保マン

 自社製品の購入だけではない。弱い立場を利用され、取引先の製品を買わされるケースもある。

「取引先が多いと、社内でリストが回って、いくつか選ばなければいけません。それで、ある損保の社員は、車を買わされた。いくら割り引いてもらっても100万円を超える出費ですよ」(新田氏)

 取引先が迫る“自爆”で、ファミリータイプの大型冷蔵庫を20万円で買わされた独身男性もいるし、不要な高級羽毛布団を25万円で引き取らされた人もいるという。

「断りたいが、取引先の相手にも営業ノルマがあり、涙目で“○○君、1台頼めないか”と言われると、つい同情してしまって……」(部品メーカーの30代社員)

 ネットオークションで転売する手もあるが、どちらにしてもなかなか買い手はつかない。
 自社製品にしろ、取引先の商品にしろ、社員に“自爆営業”を義務付けるのは違法。それをしない社員を不当に扱うのも違法だ。

 だからといって、“自爆”に困った社員が会社に文句を言うと、リストラの対象にされて立場が危うくなる。イヤな世の中だが、それが現実なのだ。




2013/11/23 11:18
そんでもって
上司は「誰も自爆しろといってないです。販売すればいいだけ」
「販売力がないから自爆だろ?って」言います・・・・・・



2013/11/23 11:21
年賀状100枚程度なんぞかわいいもの。流通業では当たり前にどこでもやっている。もっとひどいところ取り上げや。


2013/11/23 11:18
昔から当たり前にあることだよ。コレ。なぜ今更って感じ。


2013/11/23 12:03
どこもやってるとか昔から慣習??
ふざけるな。悪いものは悪いのだ!
この機会に一掃しなけりゃいかんよ、政府よ!



2013/11/23 11:29
仕事をするのに身銭を切っちゃだめよ


2013/11/23 11:37
アルバイトにも買わせてる所もある。だからみんなすぐ辞めるんだけど…


2013/11/23 12:15
付き合いで買わされるクリスマスケーキ20個以上
付き合いで買わされるおせち料理5家族分
付き合いで買わされる恵方巻10本以上
付き合いで買わされるボジョレヌーボー10本以上

付き合いで作ってもらうクレジットカード20枚以上
付き合いで作ってもらうカードローン20件以上
付き合いで作ってもらう・・・


こういうことしないと成り立たないなら止めましょう
そうでなくとも止めましょう



2013/11/23 12:25
末端がこれだけの枚数をさばかなきゃ行けないのなら、日本郵便のトップは「職員へのお手本」として、毎年1億枚くらい捌いているんですよね?


2013/11/23 12:16
ありがちなのが、クリスマスケーキ

特にファミレスのクリスマスケーキ

社員が50個とか自腹で買い取りしてたし、

ボーナスはケーキに消えるってよ。

ちゃんとした店でもクリスマスケーキは社員が親戚に売ってたりノルマがある

食いもしねーもんうってんなよ、日本のクリスマスは。

と、思う。



2013/11/23 12:04
この問題をワタミ元社長の大先生に取り組んでほしい


2013/11/23 11:32
新聞販売店もですね
昔うちの実家がY賣の販売店で、配達先のない新品の新聞が
何梱包もそのまま古紙屋さんに持って行かれてましたよ
そんなんで購買数世界一とか...........



2013/11/23 22:01
俗に言う「押し紙」ですか。。
本社には逆らえないから受け入れるしかないんだってね。



2013/11/23 15:44
確かに押し紙は存在するけれど、ある程度の余剰はないと
いざというとき困るのですよ。
大雨の日に2区ぐらいバイク倒して新聞が使い物にならなくなって、余りを足しても足りなくて、
店長が近くの販売店にとりに行ったとこがありましたよ。
1区分くらいは余剰持たせておいてもいいと思うな。
300件分くらい?朝刊だと5〜7梱包位ですか。
夕刊は2梱包くらいでいい。
元配達奨学生より



2013/11/23 17:28
>1区分くらいは余剰持たせておいてもいいと思うな。
>300件分くらい?朝刊だと5〜7梱包位ですか。

この余剰分の折込を引き受けたとすると、折込料金の売上げが1日1部平均200円として300部で1日60000円の配られないチラシが発生する。
1ヶ月で180万円。

また、新聞社は紙面広告を受ける際に部数で算定しているわけですが、7500の販売店が300部ずつ押紙をすると、225万部水増ししていることになります。




2013.11.25(月)10:17 | ヤフコメ | TOP↑

スポンサーサイト
2018.10.16(火) | - | TOP↑

*コメントにはIPを表示することがあります*





最新記事
Amazon




Tools
mobile
qrcode
link
info
SHOP
Amazon.co.jp通販サイト


PR