RSS


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.10.16(火) | - | TOP↑

【映画評】『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』 氷川竜介(アニメ評論家)
【コラム】映画評:『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』 「これが、なのはだ!」 情熱の発露、それはもはや「愛」
1 : ◆UC2AnoIOHw @ヂートゥφ ★:2010/01/24(日) 18:54:05 ID:???
文;氷川竜介(アニメ評論家)

 奇跡のパワーを秘めたアイテムで美少女が変身! ステッキを武器にバトル! 「魔法少女もの」は女玩(女児向け玩具)の販促企画の作品群からスタートし、いつの間にか「大きなお友だち」向けにひとつのジャンルを形成するようになった。本作『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』(原作・脚本:都築真紀/監督:草川啓造)も、そんなジャンル作品がファンに支えられて成長し、ついに劇場版にまで登りつめた映画だ。合計3シリーズが制作されたTVアニメ版「なのは」を表紙にするとアニメ雑誌の部数が確実に伸びるという定説があるほど、堅実で熱い層をつかんでいる。
 そんな人気シリーズを改めて新シナリオ・新作画で映画としてリメイクする試みという点では、ファンムービーの典型とも言える。だが、それを突きつめたところにある種の迫力、高みのようなものが感じられた。


http://animeanime.jp/review/archives/2010/01/_the_movie_1st.html

 『なのは』を愛するファンのために、作り手が「良かったところ」を抽出し、新たな見せ場として再構築する。それは当たり前のことだ。そして、一般にクリエイターたちはやや冷静で客観的な立場になって、観客をさらなる高みへとリードしようと試みるはずだ。ところが、この劇場版では映画が進行するにつれ、明らかに作り手の側も『なのは』を溺愛していることが伝わってきて、それに圧倒されてしまうのである。
 「これが、なのはだ!」「これが見たいだろう? そうだ、自分も見たい!」とでも言わんばかりの、輝かしき情熱の発露。それはもはや「愛」としか表現できない。その波動や輝きが映像に転化し、カットごと、シークエンスごと、セリフごとに燃えあがって、スクリーンから放散されて観客の全身を震わせる。『なのは』に強い興味のなかった筆者でさえ、評価検分という職業病を封じられて「これはすごい」と感じたのだから、ファンを満載した映画館ではどんな熱気が生まれるのか、かなり興味がある。
 鑑賞前は「えっ、130分?」と尺の長さにも思わずたじろいだが、実は映画の中身は濃厚だから心配はない。主人公である9歳の少女なのはが初めて魔導端末レイジングハートを手にして魔法少女に変身するきっかけ、最初の戦い、さらにそのミッションを妨害しようとするライバル魔法少女フェイト・テストロッサとの出逢いなどなど、舞台を変え、手を変え品を変えて、バトルを中心にアクセル全開のスピードで物語が進行する。

 劇場版として特筆すべきは「音響」だ。なのは役の田村ゆかり、フェイト役の水樹奈々とダブルヒロインの声の明瞭度が増し、戦闘シーンにおけるギミックの作動音、爆発や着弾などの迫力向上は言うまでもない。一番の注目ポイントは、バトルを支える魔導端末レイジングハートのクールビューティなボイスだ。設定的には小道具の無機質な応答音声なのだが、なのはにネイティブな英語でチュートリアルを指示し、ともに戦って苦難を乗りこえていく、そのパートナーシップのけなげさには、思わず涙なのである。
 劇場版「1st」では人気に火をつけたTVアニメ第1期全13話(2004年)の「ジュエルシード」編をまとめた。この映画の凝縮度は、『なのは』をまだよく知らない観客に魅力のエッセンスを訴求するエントリーフィルムの役割もはたすはずだ。「ビジュアルは知ってるけど、どんな作品?」と知りたい方にはオススメの130分である。


『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』
http://www.nanoha.com/



7 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 18:59:09 ID:I1hdk9jh
提灯記事


12 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:12:30 ID:Sy7ChhSS
ずいぶん褒めてるな
じゃ今週中にもミラノ行くか
なのはとFateは見とくべきだなオタクなら


13 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:13:21 ID:xtVcOpAk
TV版の時より、水樹の演技力が向上してる感じがした。


14 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:16:34 ID:7bA1dTR6
>>13
俺も思った
叫び声?がうまくなってる気がした


15 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:19:07 ID:5tv8E2dm
>>14
俺は、あの叫び声に違和感を覚えた。他は凄くうまくなってると思った。


17 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:30:12 ID:A3+J3WnM
上手くなると違和感を感じるって・・・


ああディケイドでも滑舌のいいてつをの声を聞いたときも


21 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:40:20 ID:5tv8E2dm
>>17
叫び声出してるんだけど、ブチ切れてないの。歌でシャウトしてるというか
明日以降を考えてるというか。叫び声でその日の収録が終わるわけじゃないから
無思慮に切れて金切り声出したらプロ失格なんだけどさ....。

普通の台詞を言ってるときは、進化してると心底思った。


60 :なまえないよぉ〜:2010/01/25(月) 00:26:55 ID:/0xz0ew/
>>21
一方、「トップをねらえ!」では、日高のりこの絶叫だけを最後の日に全部割り当てた。


16 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:19:57 ID:pMUwTjED
この2日間、単館映画館がなのはとfateのせいで酷い有様だったな(w


18 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:33:25 ID:g+N10R72
スレタイが日本語になっていない。


20 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:39:25 ID:eQZ46mn5
氷川さん…

酸素欠乏症にかかって…


23 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:44:13 ID:fk1s1SB8
いやこの評は「映画になってない」って言ってるぞ。

>評価検分という職業病を封じられて「これはすごい」
「提灯記事だからけなせない」「そうするとなにも言えない」って聞こえる。


24 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:47:28 ID:5tv8E2dm
いや、その辺はあら捜ししての事だから。映画としては、今まで「なのは」に金と時間を
費やしてきた客に対して誠実に作ってると思うよ。


25 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:50:25 ID:fk1s1SB8
だいたい大画面で上映される映画で『 劇場版として特筆すべきは「音響」だ。』
って言ってる時点で褒めどころがないってことじゃね?


28 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 19:58:02 ID:5tv8E2dm
>>25
むしろ、音響(109シネマズ名古屋)が一番酷かったと思う。
田村の声、俺がアニメロミックス(今も平野のときも)をニコから取り込んで
一旦WAVE化してリミッター等で音を弄ったときみたいな感じで割れてた。

音響のエンジニアが俺と同じ程度って事は万に一つも無いと思うので
劇場のスピーカーとアンプがお粗末なだけだとは思うんだけど.....。


61 :なまえないよぉ〜:2010/01/25(月) 00:28:41 ID:/0xz0ew/
>>25
> だいたい大画面で上映される映画で『 劇場版として特筆すべきは「音響」だ。』
> って言ってる時点で褒めどころがないってことじゃね?

んなこたーない。
映画館で見る映画の長所は、「大画面」と「音響」だ。
音響を褒めるのは別に悪いことでもなんでもない。


32 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 20:18:17 ID:Sy7ChhSS
これって正統派魔法少女ものみたいだけど原作はエロゲの劇中劇だっていうのが未だにピンとこない


34 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 20:46:33 ID:ryaDrULC
>>32
劇中劇は最初の最初
直接の原作はエロゲ本編の外伝シナリオ


35 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 20:51:28 ID:pMUwTjED
しかし出自がエロゲのアニメが世に出すぎだよ。
どうなってんだろうね。
紅白なんてエロゲアニメの主題歌だぞ。


40 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 21:22:42 ID:NPFx3jUn
>>35
エロゲだからってだけで批判するのってどうかと思う。別にエロだけが内容じゃ無いだろ。
ちゃんと内容まで見てから批判するならともかく。


33 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 20:36:31 ID:W7mdmJPG
魔法少女ものなのに大きいお友達しか見に行けないんだな


41 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 21:22:51 ID:5tv8E2dm
>>33
大きいお友達どころじゃねえ。晴海でコミケやってた頃に山ほど同人誌書いたり
かったりしてた俺と似たような歳のオッサン多すぎだ。完全に浮くと思って行ったのに
浮いてねえもん。


44 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 22:02:26 ID:kwttphiI
>33
小さなお友達はプリキュア見てますし


47 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 22:17:41 ID:v9atiXDd
>>33
今日行ってきたけどちっちゃい女の子連れたお母さんもチラホラいた。
おそらく広告かCMをたまたま見た子供が見たいと言ったんだろう。
ただし劇場は大きなお友達ばっかりだったからびっくりしただろうけどね。


37 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 21:19:35 ID:jeJ8mOEi
この人とツイッターでも作画に評価するところは特にないけど
なのはに重要なのは「愛」でしょ、みたいなこといってたからねえ


38 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 21:22:11 ID:Ob+uWkRl
同人レベルの作品だが
同人並みの愛情を感じると言いたいのだろう
その通りだと思う
悪いことではない


39 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 21:22:39 ID:ryaDrULC
なのはというかこの原作者の作品を語る上では確かに間違いじゃないけど
作品批評という点では確実になんか間違ってるよなあ


52 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 23:28:01 ID:wHBzFhqf
氷川・・・どうして・・・


55 :なまえないよぉ〜:2010/01/24(日) 23:31:29 ID:FMAeRclb
さすがヤマトの頃からのライターだな


59 :なまえないよぉ〜:2010/01/25(月) 00:04:19 ID:Q2cqYtSw
氷川クソワラタw
提灯記事書くのはお手の物だな


72 :なまえないよぉ〜:2010/01/25(月) 02:09:49 ID:vVzHX3mP
悪魔だの魔王だのネタにしやすさでのなのはのキャラ人気はよくわかるが、ストーリーはなぁ
ヤマト、ガンダムをリアルタイムで見てきた人が納得できるレベルではないと思うなぁ


74 :なまえないよぉ〜:2010/01/25(月) 02:20:46 ID:RXXT6lGI
>>72
今まで見たたとえだと「大人のための少年・少女漫画」ってたとえが一番しっくり来たな
とらハとかなのはとか


78 :なまえないよぉ〜:2010/01/25(月) 07:16:32 ID:8mRH7Fxl
魔法少女モノではあるがノリはDBなんかのジャンプ黄金期のマンガに近いな





氷川竜介 - Wikipedia

魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st オリジナルサウンドトラック



2010.01.25(月)10:27 | アニメ・コミック | TOP↑

スポンサーサイト
2018.10.16(火) | - | TOP↑

*コメントにはIPを表示することがあります*





最新記事
Amazon




Tools
mobile
qrcode
link
info
SHOP
Amazon.co.jp通販サイト


PR