RSS


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2018.10.16(火) | - | TOP↑

【絵師】「狼と香辛料」でブレーク 文倉十さんに聞くイラスト“哲学”
【絵師】文倉十さんに聞く“生い立ち”と、イラスト“哲学”― 「狼と香辛料」が発売された際は実感わかず、本屋に行って並んでいるか確認
1 : ◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★:2009/11/14(土) 20:39:09 ID:???
アニメ化されたライトノベル「狼と香辛料」のイラスト担当で、アニメ「ハヤテのごとく!」のトレーディングカードゲームのイラストなども手掛ける文倉十(あやくら・じゅう)さん。「狼と香辛料」のヒロイン・ホロのあどけない笑顔で、読者をとりこにする「絵」を生み出す文倉さんに、自身の生い立ちとイラストの“哲学”を聞いた。

(中略)

─デビューまでどんなことをされていましたか?

専門学校では、授業と、自分のやりたいものとの間にズレがあって、あまり熱心な生徒ではありませんでした。卒業後は、夢を語りながらも実家でダラダラしていて、オンラインゲームを遊んでいるという……。今考えると一番ダメな半年だったかもしれません。「このままじゃまずい。生活が安定していると、この状況から抜けられない!」と考え、まず東京へ出るための引っ越し資金を稼ぐために、半年間は派遣社員として工場で働き、それから東京へ出てきました。


作家JAPAN
http://sakka-japan.com/interview/jyu_ayakura/

■地獄の?初仕事
─その間、イラストなどは描いていましたか?

アルバイトの仕事がないときは、イラストを描いてホームページに掲載していました。1週間に1回以内のペースで更新したり、イラストのBBSに投稿するなどしていましたね。ホームページから仕事が来るかな?と考えていましたが、そううまくいくはずもなく……。いかに自分の存在を、多くの人に知ってもらうのが大変であるかを実感しました。ところが、出版社への持ち込みを考えていた矢先、PCゲーム会社「ライアーソフト」からゲーム「ANGEL BULLET(エンジェルバレット)」の原画の依頼がメールで来たんです。


http://sakka-japan.com/interview/jyu_ayakura/img/interview_02.jpg


─待望の初仕事を受けた気持ちは。

うれしくて、すぐ「がんばります」と答えました。ただ初仕事ということもあり、やはり非常に苦労しました。特に制作の後半はスケジュールが密集しており2、3時間寝て、24時間起きてひたすら働いて……という日の繰り返しで、「この仕事が終わったら、もう絵の仕事をやめてもいい」と、一時は本気で思ったほどです。ですが無事に完成すると、「次の新しい仕事がやりたい!」と思うようになっていましたね。ゲームの出来が良かったこともあり、今でもお気に入りの作品です。


2 : ◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★:2009/11/14(土) 20:39:22 ID:???
─その後は?

仕事を探していましたが、なかなか次の依頼はなく、初めて持ち込みをしたんです。ライトノベルの仕事がやりたかったので、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)やメディアファクトリー、エンターブレイン、など2カ月で7社を回りました。

─持ち込みをしたときの反応は?

一番覚えているのは、「女の子の絵が可愛くない」と言われたことですね。そこで、自分と世間の「可愛い」の感じ方に「ズレ」があることに気付きました。それまでは素直な笑顔はあまり描かなかったのですが、指摘されてからはパッと見た目にも可愛い表情を描くように配慮しました。僕は口で表情を作るのですが、あまり大きいと可愛さが消えるので、バランスを取るように気を付けています。

■「狼と香辛料」でブレーク
─ライトノベルのイラストレーターデビュー作となる「狼と香辛料」との出会いは?

05年秋、メディアワークスの方から電話があって、「ライトノベルの挿絵を描いてみない?」という話が来たんです。持ち込みで置いてきた僕のイラストを「狼と香辛料」の担当者が見てくれたのだそうです。本当にうれしくてイスから立ち上がって電話に出ていました。2章分の原稿を渡されて、ヒロインのホロのデザインをしました。2週間ほど費やして、髪型を変えたり色々なパターンのホロを、スケッチブックをほぼ1冊つぶしてひたすら描きました。最後に3、4パターンの絵を出して、正式決定となったのですが、本が完成して、自分の手元に来ても実感がわかず、本屋に行って並んでいるか確認しましたね。

─その後、人気が爆発します。

インターネットの口コミで話題になり始め、宝島社の「このライトノベルがすごい!」にランクインしてから、かなりの人気となりました。「狼と香辛料」の2巻が出たころから、他の仕事が来るようになり、アニメの放送が決まってからは爆発的に増えました。アニメが放送されたときは、放送の10分前にはテレビの前に座って、今か、今かとまっていて、オープニングで「文倉十」の名前が表示されたときは「ついにテレビに出たんだな……」と、ジーンときましたね。

─イラストレーターを目指す人たちにアドバイスを。

今は「ピクシブ」などインターネットが普及して、直接プロの絵に触れる機会も多く、勉強しやすい環境にあると思います。ただ、その分自分で悩んで成長していくべき部分で既に技術が完成してしまっていて、その人の個性が出にくい状況でもある気がします。僕らの上の世代の人たちの絵は、一目で誰が描いているか分かるほどのインパクトがあります。それがイラストレーターの武器なんですね。うまい人を手本にするのももちろん大事ですが、「その人」が最終目標にならないようにしてほしいと思います。

(後略)



4 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 20:47:31 ID:2Qv7wbrt
わっちかわいいよわっち


5 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 20:48:19 ID:jvSfdI7/
確かにあの画と声はいいよなわっち


6 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 20:52:22 ID:TAZx+Qn7
ライトノベルって、絵師を売り出すために小説を添え物にしてるように見えるのだが・・・


12 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 22:09:15 ID:lPPWYMtv
>>6
拙い文章しか書けない作家の小説をイラストにより補完するのが本来の狙いだった


13 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 22:27:26 ID:TAZx+Qn7
>>12
びっくりするほど納得した。

何冊か有名どころを読んでみたけど、文章が平易すぎて退屈で、
内容の面白さ云々を判断するところまで読み進められなかった。


8 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 21:09:05 ID:Q3cYDRd9
わっち最高や!貧相な金髪小娘なんか最初からいらんかったんや!


9 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 21:46:36 ID:2I7xIrpT
最近のホロはつるぺた通り越して抉れてるレベル。


だがそれがいい。


11 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 22:04:42 ID:i4SKQcFW
エンジェルバレット面白かったなー
嘘屋でまた仕事してくれ


17 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 22:37:42 ID:XMO/6KhO
ぶっちゃけ下手だと思う


18 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 22:43:26 ID:/idN0QX8
わっちの一巻みたいなタッチも好き


19 :なまえないよぉ〜:2009/11/14(土) 22:44:00 ID:lxQyX015
香辛料以外にも結構挿絵描いてるけどあんまし売れてないんだよな





 

 


※21196 (61.25.119.116 @nethome) 削除
※21197 (124.255.99.215 Dream Train Internet) 削除

2009.11.14(土)23:30 | 文芸・出版 | TOP↑

スポンサーサイト
2018.10.16(火) | - | TOP↑

*コメントにはIPを表示することがあります*

コメント
香辛料の最初のワクワク感はなんだったんだろうな。

あのまま経済小説だったらよかったのに
結局単なるファンタジーモノだったし。
  • 2009/11/15 1:59 AM
上手くもないし特別魅力があるようにも感じられん
正直ラノベの挿絵ってこの程度のレベルでできちゃう仕事なんだ
文のハードルも低けりゃ絵のハードルも低いのね、って感じ
  •  
  • 2009/11/15 6:09 AM
>>8
とは相容れないようだ
  • 2009/11/15 7:13 AM
>>21193

何様だよ
  • 2009/11/15 10:57 AM
コメントする




   
この記事のトラックバックURL
トラックバック




最新記事
Amazon




Tools
mobile
qrcode
link
info
SHOP
Amazon.co.jp通販サイト


PR